2周年を迎えたアメリカ政府のオープンソースプロジェクト「Code.gov」

2018.11.15

Code.gov [1]を御存知でしょうか。
Code.govとはアメリカ政府機関のオープンソースプロジェクトを1ヶ所にとりまとめたウェブサイトのことです。ソースコードを1ヶ所で公開することにより、異なる機関での重複コード作成の回避などを目的としています。
これは2016年11月、オバマ政権の頃に立ち上げられました。以前のFindy Engineer Labの記事でも紹介させていただいたように、オバマ前大統領がプログラミングに非常に力を入れていたことがわかる政策でもあります。
今回、Code.gov発足から2年が経過したということで、GitHub上に公開されているCode.govのプロジェクトを取りまとめた記事[2] を簡単に紹介したいと思います。

3600の米国政府のプロジェクトがGitHub上で公開されている

現在、Code.govには4800のプロジェクトがあり、そのうちの3600のプロジェクト(75%)がGitHubを使用しています。その中にはNASAの3D-Resourcesプロジェクト[3]や、IntelやNetflixも取り入れている、エネルギー省もコントリビュートしているプロジェクトZFS on Linux[4]などもあります。

アメリカ政府がどのようにGitHubを使用しているか

アメリカ政府はGitHubをどのように使用しているのでしょうか。ここではスター数とコントリビューター数から見たランキングを紹介しています。
やはりNASAのプロジェクトはスター数、コントリビューター数ともに高いですね。注目度が高いのがわかります。
またPythonのライブラリとしてはおなじみのScipyにもコントリビュートしているようです。(スター数やコントリビューター数はあくまでそのリポジトリ上の数で、その全てが政府のスター数/コントリビューター数ではありません)

スター数から見た使用ランキング
ランク プロジェクト スター数
1 nasa/openmct 5282
2 USArmyResearchLab/Dshell 5098
3 scipy/scipy 5079
4 nasa/NASA-3D-Resources 1422
5 GSA/data 1353
6 GSA/data.gov 1278
7 Code-dot-mil/code.mil 1229
8 openscenegraph/OpenSceneGraph 1177
9 WhiteHouse/petitions 1777
10 NREL/api-umbrella 1172

 

コントリビューター数から見た使用ランキング
ランク プロジェクト コントリビューター数
1 scipy/scipy 669
2 trilinos/Trilinos 197
3 SchedMD/slurm 162
4 18F/18f.gsa.gov 139
5 Kitware/ParaView 136
6 GSA/wordpress-seo 119
7 department-of-veterans-affairs/vets-website 116
8 idaholab/moose 114
9 materialsproject/pymatgen 113
10 petsc/petsc 113

政府もオープンソースを後押しする時代

米国では政府でもオープンソース事業を拡大しています。日本を含め各国で、民間ではすでにオープンソースという概念は広まっているものの、政府機関も推進しているのはアメリカの先進的な取り組みだと思えます。オープンソースへの考え方は国や地方によって様々ですが、エンジニアの方にとっては国がオープンソースに対して広く後押ししているのは興味深いのではないでしょうか。

Findy FreelanceでもGitHub上でのオープンソースソフトウェア活動(OSS活動)を基にスキル偏差値というプログラミングスキルの「見える化」をすることで、フリーランス/副業向け案件の受注のサポートを行っています。

また中途転職版Findyでも同様にスキル偏差値を算出し、転職サポートを行っています。
GitHubを使用している方はぜひ一度試していただければ幸いです。

(筆者: @hikaruya8)

引用/リンク
[1] Code.gov
[2] GitHub blog | Happy second birthday to Code.gov
[3] NASA-3D-Resources: NASAの3Dリソース(3Dモデル、テクスチャー、画像など)を無償でダウンロードできるプロジェクト
[4] ZFS on Linux: Linux上で動くアドバンスドファイルシステム

フリーランス・副業の案件をお探しの方:
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

中途転職を希望の方:
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

Findyでは副業・社会人インターン採用も積極的に行なっています。興味を持っていただいた方はぜひこちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
7月後半から一気に面白い案件が増えてきました!
CTO の佐藤も「これはやってみたい!」と気になるくらい魅力的な案件が数多くなってきましたので、気になる方はお早めにどうぞ!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/