AI分野で大学と共同研究している企業 〜ZOZO、DMM、CyberAgent等〜

2019.01.7

最近ではAI分野でのエンジニアの採用も大小問わず様々な企業でされるようになってきましたね。
Findy Engineer Labでも過去にメーカーのAIエンジニア採用について紹介しました。
メーカー勤務も熱い!ソフトウェア・AIエンジニア採用に積極的なメーカーまとめ

また現場でのAIの応用技術を使ったサービスももちろん多くありますが、研究を行っている企業も多くあります。
ZOZOだけじゃない?!話題のテック企業の研究所をまとめてみた

今回は企業独自の研究所で研究しているのではなく、AI分野で 大学と共同研究を行っている企業 を紹介したいと思います。
(以下、執筆者の言葉で噛み砕いて説明するところがあります。もし間違っている等ありましたらご指摘お願い致します。)

ZOZO ✕ 九州工業大学 [1]

ファッション領域を主とする大規模かつ複雑な関係データの多面的・直感的理解と活用を可能とする情報処理機械の開発と実用化

提携先: 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 古川徹生研究室

概要としては、ZOZOの膨大なデータを基に「ファッションを数値化する」というミッションのもと、「服作り」の研究、「似合う」の研究、「サイズ」の研究を進めているというものです。

以前紹介した
ZOZOSUITの次は何!?ZOZO Researchの論文を要約してみた
でも分かる通り、ZOZOのファッションに対する研究の本気度が伺えますね。

DMM ✕ 早稲田大学 [2]

最先端ICT基盤研究所で開発する最先端AI基盤を用い、人の経験、感覚に依存する業務領域を、機械学習、ディープラーニング、量子アニーリングなどの技術を用いて代替し、効率化、定量化します。

提携先: 早稲田大学理工学術院総合研究所 最先端ICT基盤研究所

簡単に言うと機械学習、ディープラーニング等の技術をレコメンド、不正取引検知、金融取引、品質保証(QA)、画像認識などに応用していく研究です。

CyberAgent ✕ 大阪大学、Yale大学、東京工業大学など [3]

CyberAgentは様々な大学とAI分野で共同研究を行っています。
一例としては大阪大学との対話エージェント(チャットボット・ロボット)による接客技術に関する応用研究や、東京工業大学との広告における自然文の自動生成などがあります。
他にも様々なものがあるので、詳細はぜひこちらをご覧ください。

提携先:
大阪大学大学院 基礎工学研究科 石黒研究室
東京工業大学 奥村・高村研究室

NEC ✕ 千葉大学 [4]

日本老年学的評価研究(JAGES)と連携し、AI技術を活用した保健・医療・介護における重症化・重度化の防止に向けた共同研究

概要としては千葉大学の健診・医療・介護のデータ分析の知見と、NECのAI技術を組み合わせて高齢者医療の研究を行うというものです。具体的には認知症の予防や、その結果として自治体にどのくらい財政効果があるかなど、自治体の医療・介護給付費の適正化に役立てる研究を行うようです。
41の自治体のデータが集まっているようで、高齢者医療というのはこれからの日本での大きな課題の一つだと思うので、ぜひともがんばってほしい研究ですね。

三菱総研 ✕ 北京大学 [5]

北京大学が保有する世界最先端の「自然言語処理」と「深層学習」技術を生かし、文章情報の生成と提供を自動化する基盤構築を目指します。

具体的には公開されている有価証券報告書の財務諸表データを基に、その説明文章を自動生成する開発です。
現在はこの分野の研究のみを行っているようですが、今後新たなAI分野やそれ以外の研究も行っていく予定のようです。

トーヨーエネルギーファーム ✕ 筑波大学 [6]

野菜の栽培技術開発。ストレス対策に有効とされる「ギャバ」などを多く含む新品種のトマトや野菜の栽培において、人工知能(AI)やロボットを使う方法を確立するのが狙い。

概要としては、機能性の高い新品種の野菜を栽培するノウハウについて、AIやロボットを使う技術を確立するというものです。
例えば、ギャバや、抗酸化作用で注目されているリコペンやカロテノイドといった成分を多く含む新品種トマトを実験温室で栽培するとします。しかし品種によって栽培方法は異なるため、水や施肥、温度条件など管理ノウハウをAIロボットで覚えさせ、コンピューターを使った自動化を目指すという研究です。

食料自給率が低く、農業のなり手が少ない日本ではこういった研究はとても大事ですね。

ちなみに筑波大学キャンパス内には実際にビニールハウスなどがあるくらい敷地が広く、端から端まで歩くと軽い運動になります・・・。

AI人材は今後さらに必要になる

上記でも分かる通り、企業の大学とのAIに関する共同研究は近年活発になってきています。研究をする際にはもちろん大学側のAI技術も必要ですが、企業側でもAI技術がわかるエンジニア、研究者は不可欠です。
今後、AI技術を理解・実装できるエンジニアの需要は増加していくことでしょう。

Findy FreelanceFindyでもAIの一分野である自然言語処理技術を用いて、GitHub情報からプログラミングスキルを偏差値として数値化し、転職やフリーランス・副業エンジニアのサポートを行っています。良ければご活用ください。

(筆者: @hikaruya8)

参考
[1]スタートトゥデイ研究所、九州工業大学と共同研究を開始 – 株式会社ZOZO
[2]最先端AI基盤の開発と実践的応用に関する共同研究を開始 共同研究室 「早稲田・DMM AIラボ」を設立 – 早稲田大学
[3]ラボの取り組み(AI Lab) | 株式会社サイバーエージェント

[4]千葉大学とNEC、AI技術を活用し健康長寿社会づくりに向けた共同研究を開始 (2018年4月25日): プレスリリース | NEC
[5]北京大学とAIで共同研究-包括協力協定の第1弾-:そのほか:ニュースリリース:三菱総合研究所
[6]筑波大と企業共同研究 付加価値高い野菜栽培 AIやロボット活用へ – 茨城新聞クロスアイ | This Kiji

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な、リモートOKで週2〜3可の案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
4月中盤から高単価の案件増加中!
CTO の佐藤も「リモートかつスキルアップできそう!」と気になるくらい案件がありますので案件の詳細を是非見てくださいませ!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/