こんなはずじゃなかった…。とならないために!フリーランスエンジニアが高めたい「営業スキル」

2018.07.31

こんにちは、フリーランス・副業エンジニア向け単価保証型の案件紹介サービスFindy Freelance社会人インターンの田中(@riiiiiii8sa)です。

最近、新聞やテレビのニュースでは、「IT系技術者の3分の1が転職で賃金1割以上増加」「即戦力となるエンジニア獲得のために新卒でも年収◯◯円以上提示」など、エンジニアの待遇に関する明るい話題を耳にすることが増えてきました。しかし一方で、フリーランスエンジニアの方の実情を調べていると、安心して働くには望ましくない案件がまだまだ残っていることも実感します。

それでは、フリーランスエンジニアとして安心して働くにはどうしたら良いのでしょうか?スキルを高める…?怪しい案件を避ける…?様々な方向からの解決策が考えられますが、今回のブログでは、”エンジニア自身の「営業スキル」を高める”ことを提案したいと思います。活躍するエンジニアの方のお話も踏まえつつ、高めたい「営業スキル」を3つに絞って紹介します。

そもそも「営業スキル」とは?

「営業スキル」とはそもそもどんなものを指すのでしょう?また、営業スキルを高めることが、どのようにフリーランスエンジニアとして安心して働くことに繋がるのでしょうか。インターネットで「営業スキル」と検索してみたところ、様々な意見が見つかりました。

フリーランスエンジニアの方にとっては、営業スキルを高めることは「案件を獲得する」ことに繋がる利点があるという考えがまず最初に浮かぶかもしれません。しかし、「案件を獲得する」だけでなく、「獲得した案件で納得できる利益を得る」、「案件を継続してもらう」ということも、フリーランスエンジニアとして安心して働くためには必要になりそうです。

そこで、「案件を獲得する」「獲得した案件で納得できる利益を得る」「案件を継続してもらう」という3つに効果的なスキルを今回のブログ内では「営業スキル」として、どんなスキルを高めると良いか考えて行きたいと思います。

案件を獲得するために高めたいのは、「あなたに仕事を任せたい」と思わせる”自己発信力”

フリーランスエンジニアとして活動するためには、仕事を受注することが第一ステップです。そこで、「案件を獲得する力」が必要になる訳ですが、案件を獲得するために、自分の提供できるものは何か外に発信する”自己発信力”を高めることをオススメします。

なぜなら、せっかく高いスキルを持っていても、そのスキルを持っているということが伝わらなければ、仕事を任せてもらうことが出来ないからです。最近は、エンジニア向けのクラウドソーシングやエージェントのサービスが充実しているので、ゼロから自分の売り込みをすることは少ないと思います。ただ、エージェント等のサービスを使う場合でも、自分の技術レベルや1つの成果物を作成するのに要する平均工数、過去の成果等をわかりやすくまとめて発信しているかどうかは、マッチングに大きく関係します。

また、フリーランスエンジニアの方にお話を伺っていると、会社員時代の知人から仕事を請け負うことも意外と多いようです。知人に向けてTwitterやブログで日頃から自己発信していることが、思わぬところで仕事に繋がることも大いにありえるのではないでしょうか。

ちなみに、先日、お話を伺ったあるエンジニアの方は、GitHubで公開していたコードを見た人から、GitHubのDMで仕事の依頼を受けたことがあったそうです!まさに”自己発信力”が案件獲得に繋がった好例と言えますね。Findy Freelanceでも、GitHubアカウントと連携させて公開レポジトリを解析し、案件紹介に活用していますし、GitHubでの発信もオススメです。

獲得した案件で納得できる利益を得るために高めたいのは、相手の求めているものを把握する”理解力”

獲得した案件で納得のいく利益を得るために、相手の求める水準と同等以上のアウトプットを出すことは重要な要素と言えます。求められた水準以上の成果を出すために、「そもそも相手が求めているものな何か?」適確に理解する力高めることをオススメします。

実際、優秀なフリーランスエンジニアの方にお仕事で成果を出す秘訣を聞くと、必ずと言っていい程、「相手が要求していることを確認すること」が必要だとおっしゃています。先日公開した「Findyで働いているフリーランスエンジニアに実情を聞いてみた話」でも、相手の求めているものを把握する理解力の大切さについて言及されていました。

“発注してくれた方が自分に何を期待しているのか、確認するよう意識しています。期待されていないことをしても迷惑でしかないので、毎回必ず確認していますね。サラリーマンでも同じだと思いますが、日々の業務で疑問があったらすぐに相手に質問しています。特に、「何を持って業務完了か?」「いつまでにすべきなのか?」「どのくらいの品質が求められているのか?」はマストですね。”

案件を継続してもらうために高めたいのは、相手の要求とこちらの要求を擦り合わせる”交渉力”

単発の業務ではなく、ある程度の期間同じ相手と業務を行うとなると、お互いの意見がぶつかり合うということが頻発してくる可能性があります。そんな場面では、相手が求めていることと自分が求めることをまずは分離して考え整理した上で、双方が納得できる折衷案を提案するスキルを高めておくと良いのではないでしょうか。

とあるフリーランスエンジニアの方にヒアリングをしていた際に、次のようなフリーランス業務の中での困り事エピソードを聞きました。

“依頼された業務と全く関係のない業務を依頼されることがあり、どう対応しようか困ることがある。気持ちよく働きたいので、単発なら業務を受けたい気持ちはあるけど、契約上の仕事と無関係な仕事も継続してやって当然と思われるのは違うと思うので、この微妙なニュアンスを誤解なく伝えるのが難しいと毎回思っている。”

相手の要求とこちらの要求を擦り合わせることは難しいことだからこそ、その調整を上手くできる”交渉力”を持つ人は、重宝されそうです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、フリーランスエンジニアとして安定して働くために高めたい「営業スキル」として3つの力を提案しました。現在、フリーランスエンジニアとしてお仕事をなさっている方はもちろん、これからフリーランスエンジニアを目指したいという方にとっても、何かの参考になれば幸いです。

尚、フリーランスとして安心して働けない案件の問題は、フリーランスと契約する企業の側にも問題があるという場合があります。フリーランスエンジニアが不幸になりがちな案件に共通する問題点については、過去ブログでまとめていますのでこちらも読んでみてください。

この記事を読んで、フリーランスエンジニアの案件に興味を持たれた方は是非、フリーランス・副業エンジニア向け単価保証型の案件紹介サービスFindy Freelancceにご登録ください!フリーランスエンジニアを受け入れたいと思った企業の方からのお問い合わせもお待ちしております!

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な、リモートOKで週2〜3可の案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
4月中盤から高単価の案件増加中!
CTO の佐藤も「リモートかつスキルアップできそう!」と気になるくらい案件がありますので案件の詳細を是非見てくださいませ!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/