なぜエンジニアはリモートワークへの関心が高いのか、その理由をまとめてみた

2019.01.11

Findyのサービスを通して数百人のエンジニアにインタビューや面談をさせていただきました。その中で最近、なぜリモートワークに関心を持つエンジニアが増えているのか、についてヒアリングをする機会が多かったので、その理由まとめてみたいと思います。

今回対象とするのはフリーランスのエンジニアではなく、正社員として企業で働きたいエンジニアにとってのリモートワークの持つ意味にフォーカスしてみたいと思います。

理由としてはフリーランスは明確にフルリモートが良い、という方も多いのですが、正社員希望の方は、以下のTweetがバズったように、必ずしもフルリモートを求めているわけではなく、半リモートや一部リモート許可を含めてのニーズが高いからです。

 

ちなみにFindyで今月末にエンジニア向けにこんなイベント「リモートワークで生産性があがる?!エンジニア×リモートワーク〜Engineer N Lab #3〜」も開催するのでぜひぜひ!

遅延証明を並んで待つサラリーマンになりたくない

まず一つ目は上のツイートでも紹介していますが、雪の日や電車が遅延した日に遅延証明を並んで待たなければいけないサラリーマンになりたくはないという思いです。

これは性善説か性悪説のマネジメントか、或いは時間管理型かアウトプット型管理型のマネジメントかという差分も表しているのではないでしょうか。

日本企業が従来から行なってきた時間管理型のマネジメント思想だと遅延証明が必要ということになりますが、そもそもアウトプット管理をしているのであれば多少の出勤時間の差分は気にする必要はないのではないでしょうか。

つまり遅延証明を並んで待たなければいけない会社というのは、あくまで時間管理が主体のマネジメントをしている会社ということになってきてしまいます。

 

集中してコードを書きたいときがある

次に、毎日ではないですがミーティングがない日やプロジェクトの期限が迫っている日は集中してコードを書きたい時があるということです。

やはり集中している時に話しかけられると、再び集中モードに入るのに一定程度時間がかかってしまいます。従って、集中モードに入りたい時はあえて同僚から話しかけられるオフィスから離れてコードを書いた方が効率が良いということです。

ちなみにFindyではもちろん、そうしたリモートでの働き方をOKとしており、自分自身も集中して、いっきに進めたい仕事がある時はカフェにいったり、会社で契約しているシェアオフィスを活用したりしています。

また、面白い事例としては、今月末のFindyのイベントで登壇いただく、BizteXさんなどはゴールデンウィーク振替休暇といったユニークな制度を持っているようです。具体的には、ゴールデンウィークの混雑した時期に旅行に行ったりするのではなく、ゴールデンウィーをコードを書き時間にし、それ以外の時に振替で休みを取るという制度だそうです。

ちなみにインタビューをしてお伺いしたのですがこれは CTOがまずそうしたかったから始めたそうです。非常にユニークかつパフォーマンスの最大化を意識した生徒で面白いなと感じました。

 

子育てや介護問題に対処するためにリモートが必要な時がある

また、最近では子育て世代に入ったエンジニアの方や、親の介護に関わらないといけない方というのが増えてきています。あるいは妊活をしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これらに共通するのは休暇を取らなくてはいけないほどではないが数時間オフィスを空ける必要が出てくるケースがあるということです。

具体的には、例えば子供が病気で熱を出し、また病児保育が見つけられなかった時に、休みを自宅で子供を診ながら仕事をするというケースです。これまで1日休暇しか選択肢がありませんでしたが、例えば半日は子供を診て、半日は自宅作業というケースも可能になってきます。

また、こうした意識が高まっている背景としては、男女共に家事や育児を分担しながら働くというカルチャーが定着してきたこともあると考えています。

 

地方からでも東京や大都市のスタートアップ・メガベンチャーに参画したい

これは全てのエンジニアの方に当てはまるわけではないですが、当然ですが地方にも非常に優秀なエンジニアが住んでいます。これまでは地域の限られた会社で働くか、フリーランスでリモート案件を探すという選択肢しかありませんでした。東京や大都市のスタートアップやメガベンチャーの仕事に携わりたいという思いがあるものの、地理的な制約でこれまでなかなか参画できていなかった方々がいらっしゃいます。

この場合はフルリモートがメインにはなりますが、彼らにとってもリモートという選択肢があることで、新たな機会を手にすることができるというのが大きなメリットになるようです。

 

以上いかがでしたでしょうか。

エンジニアにフルリモート、半リモートという働き方の関心が高まる理由について書いてみました。

Findyでは以下のようなエンジニアのリモートでの働き方やその場合にどうやって生産性をあげるのか、 あるいはリモートでの働き方の悩みについて共有する機会を作りたいと考えています。ぜひぜひ、興味のある方は参加してみてください!!

フリーランス・副業の案件をお探しの方:
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

中途転職を希望の方:
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

Findyでは副業・社会人インターン採用も積極的に行なっています。興味を持っていただいた方はぜひこちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な、リモートOKで週2〜3案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
3月前半から働き方・条件面も良い案件が増えてきました!
CTO の佐藤も「リモートできて楽しそう」と気になるくらい魅力的な案件が増えてますが、人気のため、お早めにどうぞ!!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/