どのくらい稼げるの?フリーランスエンジニアの単価・報酬・年収の話

2018.05.24

こんにちは、フリーランス・副業エンジニア向け単価保証型の案件紹介サービスFindy Freelance社会人インターンの田中(@riiiiiii8sa)です。

Findy Freelanceの特徴の1つは、”エンジニアの技術力をスキル偏差値化し、単価保証された案件に限定して紹介すること”ですが、単価保証と言われても「提示された時間単価で仕事をした場合、どの程度の年収になるのかパッと見ただけではよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、時間単価と年収の関係を表にまとめながら、フリーランスエンジニアはどのくらい稼げるのか?考えてみたいと思います。

フリーランスエンジニアは稼げるの?!

フリーランスエンジニアについて情報を集めると、時間に縛られず自由に働ける等の利点を目にする一方、「思っていたよりも稼げない」という厳しい声を耳にすることもあります。「フリーランスエンジニアになりたいけれど、食べていけるのか不安」と思っている方もいるのではないでしょうか。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が先月公表した「プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書2018」によると、フリーランスの方の職種別年収分布は以下のグラフのようになり、フリーランスの中でIT・クリエイティブ系は比較的年収が高いということがわかりました。

【職種別収入1

(引用:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会|プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書2018

副業等のすきまワークとして働いている場合も含まれるため年収にはかなり開きがありますが、年収500万円以上という方も30%以上います。他職種のフリーランスと比べると、“平均でも十分に稼げる”と言えるのではないでしょうか。

1000万円プレーヤーを目指すなら時給はいくら?

フリーランスエンジニアとして募集されている案件を見ると、スキルや経験によって差はあるものの時間単価は2000円〜5000円が主流です。チームマネジメントの経験等、エンジニアスキル+αの力が求められる案件では時間単価6000円以上の案件もあります。

そこで、稼働時間を平均的な会社員の労働時間(1日8時間労働、年間休日120日)と仮定して、時間単価から年間報酬を算出しました。その結果、主要な時間単価と年間報酬の関係は次の表のようになりました。

【フリーランスエンジニアの時間単価と年間報酬】

時間単価 [円] 2000 2500 3000 3500 4000
年収 [万円] 392 490 558 686 784

 

時間単価 [円] 4500 5000 5500 6000 6500
年収 [万円] 882 980 1078 1176 1274

年間報酬1000万円を目指すなら、単純計算で時給単価5100円以上を目指せば良いということがわかりますね!

ちなみに、「自分の時間単価っていくらくらい何だろう?」と気になった方は、Findy Freelanceでも情報を提供していますので、一度登録してみてくださいね。

時間単価×稼働時間≠収入 忘れてはいけない「経費」への意識

フリーランスの収入を考える上で注意しなくてはならないことは、受け取る金額がそのまま収入にはならないということです。会社員の場合、年間で振り込まれる給与がそのまま年収となりますが、フリーランスの場合は、1年間にクライアントから受け取る報酬から、交通費やオフィススペースの電気代、消耗品費などの年間経費を差し引いたものを年収と捉えなくてはなりません。

時間単価と稼働時間を掛け合わせると「会社員時代よりも年収が上がる!」と感じる場合もあるかもしれませんが、会社員時代と違って「経費」という概念が必要になることを心に留めておいた方が良さそうですね。

まとめ

いかがでしたか?
今回はフリーランスエンジニアの方の時間単価と年収の関係をまとめてみました。
フリーランスの募集案件を見た時に、提示された時間単価から年間報酬はいくらくらいになるのか算出したり、「経費」を加味するとどのくらいの年間報酬を目指すべきか考えたりする時の1つのヒントになれば嬉しいです。

この記事を読んで、「じゃあ今の自分だと一体どのくらいの時間単価を提示されるのか?」と気になった方、是非「フリーランス・副業エンジニア向け単価保証型の案件紹介サービスFindy Freelance」へ登録してみてください!あなたの技術力をスキル偏差値化し、今の自分にあった単価を知ることができます。スキルと単価が相関傾向にあるので、自分の市場価値を知ったり、単価アップをモチベーションにスキルを磨いたりすることにぴったりのサービスです!


  1. インターネット調査にてフリーランスの方に「現在の収入をお知らせください」と調査した結果を職種別にまとめたもの。有効回答数1141名。調査期間2017年10月2日〜2017年11月13日。 

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findyブログを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!

GitHub連携するだけで、スキルを解析。
スキル偏差値やプロフィール情報を基に、人気のテック企業からオファーが届く

https://findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/