【リアルな数字を公開】Findyエンジニア組織レポート_2020年8月度

2020.09.24

Findyの石川(@HRBizDev1)です。

さて、8月も終わりましたので、Findyエンジニア組織振り返りをしたいと思います。

今月から新規追加したデータがあるので、是非最後までご一読いただけると幸いです。

(活動時間帯については月別であまり大きな差がなかった為、今回から割愛します)

これまでの記事

【リアルな数字を公開】Findy Teamsを使って、Findyのエンジニア組織を調べてみた

【リアルな数字を公開】Findyエンジニア組織レポート_2020年7月度

数字から見る8月度のFindy

全体の活動量の変化:コミット数の大きな伸び

まず、全体の活動量です。フルタイムメンバー数は先月から変動ありません。

 

コミット数以外は先月と比較して、大きな数値変動は起きていません。

コミット数に何があったのでしょうか。

コミット数をブレイクダウンして個人別に見ていくと、ある特定のメンバーが全体のコミットボリュームを押し上げていました。7月から加わった新メンバーで初月に引き続き、8月もたくさんのPRを作成してくれているので、比例してコミット数が増えていることが分かりました。

本人曰く『僕くらいの年齢になると、Joinしてすぐにバリューを発揮することを求められるので、今回は最初からフル回転してみました。直近1ヶ月のコミット数が300超えてました。』とのことです。

めちゃくちゃ頼もしいコメントです。ご本人が自発的にタスクを巻き取って開発を進めてくれていて、とても助かっています。

また、8月は「コメント数」に大きな変化生じていた月でしたので、そちらの情報も開示します。

コメント数の推移は以下のようになります(比較しやすいよう4月からのデータを出しています)。

グラフを見るとわかるとおり、8月になってから全体コメント量、特にReviewコメントが増えています。

これは新規サービス「Findy Teams」の開発を加速させる為に、他サービスの開発に関わっているメンバーにレビューのサポートをお願いしたことが主な理由です。

これにより、Findy Teamsの開発クオリティがかなり上がったのですが、反面レビュワーを担当したメンバーの負荷が思った以上に増えてしまったことが他の指標から読み取れたので、途中からは少しレビュー負担を軽くするような対応を取りました。

リモートでの開発が増え、お互いの様子が見えづらくなっている今だからこそ、ファクトベースに適切なフォローを実行出来るようなサービスを作っていきたいと思っています。

個人別の内訳:Findy Teams開発チームの伸び

次に個人別の内訳です。

7月にFindy Teamsの開発チームでIssueを新規作成していたので、8月は実装フェーズとして特にFindy Teamsの開発チームメンバーのアウトプット量(特にピンク)が伸びてきています。

Findy Teamsはβ.ver2のリリースに向けて、現在、鋭意開発中です。是非ご期待ください。

一緒にFindy Teamsを開発してくれる方はコチラ(フロントエンド、バックエンド、EMまで幅広く募集中)

また、新しい指標として「PRクローズまでの所要時間とPRに対するコメントの分布」を見えるようにしました。プルリク毎にクローズまでにどれだけ時間がかかり、且つコメントがついているかが見えることで、プルリクエストが巨大になっていたり、設計が複雑になりすぎたコードになっていないかがわかります。

弊社のクローズ時間は1日程度(30時間前後)の為、概ね左下に集約されるのですが、コメント数が他と比べて多かったり、逆にコメントがついていないのにクローズまでの時間が長くなっている外れ値の存在がわかります。

人によって分布が全く異なるケースがあります。

社内で共有したところ、

Aさん『BさんのPRはすんなりマージされてますね』

Bさん『当然の結果やwww』

といったコミュニケーションが生まれ、とても盛り上がりました。

※毎回書いているような気がしますが、これは性格診断的な話なので良し悪しを決めるものではありません

まだ、この指標をどのように活用できるかは、議論しているところではありますが、例えば、『この人は、どういう仕事の進め方をする人なのか』が分かっているとマネジメント時には役立てることが出来そうだなと考えていたりします。

レビュー状況

8月はプルリクがクローズされるまでの平均所要時間は「31.8時間」でした。

毎回書いていますが、土日を挟まずにプルリクオープン→レビュー→リリース or クローズまでの判断が継続できていると思います。

特に8月は年収予測機能のアップデートがありましたが、大きな影響がなかったことはチームが上手く回っている証拠なのかなと。

今後大型のアップデートを予定していますので、来月以降どんな変化があるか楽しみです。

まとめ

弊社CTOからのコメント

7月に作るべきものを仕様に落とし込んでいたので、8月は実装に時間を割いてました。

体感的にPRを作るスピードがあがっているように感じていましたが、実際の数値でもスピードが上がっていることが反映されており、ズレが生じていなくてよかったです。

先月は特にPRの生存期間を短くすることを意識していて、Findy Teams開発チーム単体だとPRクローズ時間はちょうど24時間だったので、かなりタイムリーな対応が出来ていたと思います。

弊社EMからのコメント

8月は年収予測機能のアップデートや企業向けの大型機能の開発が進捗した月でした。

今までは自分がイシューを切ることが多かったですが、8月に入ってから機能毎に各メンバーにイシューを切るところから任せられるようになりました。

数字上でも今までIssueを作っていなかったメンバーの数値に変化が現れているのはもちろん、コメント量の変化を見ても今までよりコミュニケーションが増えて良い傾向だなと感じています。

さいごに

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Findyでは現在、一緒に働くエンジニアを募集中です。

「まずは話聞いてみたい」という方も大丈夫です。お気軽にお問い合わせください!

Findy募集一覧はコチラ(フロントエンド、バックエンド、EMまで幅広く募集中)

また、最近エンジニア向けFindy会社紹介資料をリリースしました。開発体制や使用技術のほか、エンジニア視点での入社理由等を公開しています。

こちらも是非ご覧ください。

お問い合わせお待ちしています!

補足1:本記事はクローズドでβ版提供中の「Findy Teams」で抽出したデータを使用しています。抽出したデータを別のツールを使って加工したものを使用していますので、実際の画面とは異なります。また、分析している数値は解析指標のごく一部になります。予めご承知おきください。

補足2:本記事はフルタイムメンバーのみの数値です。弊社にはフルタイムメンバー以外に複数のフリーランス、副業メンバーが在籍しています。その為、会社全体としての活動量は本記事の数値よりも上振れしております。予めご承知おきください。

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findyブログを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!

GitHub連携するだけで、スキルを解析。
スキル偏差値やプロフィール情報を基に、人気のテック企業からオファーが届く

https://findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/