ITエンジニアの年収をGitHub解析から予測可能に。OSSが年収アップにつながる時代へ。

2018.03.12

ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービスFindyでは、サービス利用時にGitHubアカウントで登録頂くと、オープンになっているコード等を解析し、スキルを偏差値化するサービスを提供しています。その分析結果を記事にまとめました。

エンジニアの「スキル偏差値」を算出したい方はこちらから!

GitHubでの活動 / OSS 活動に積極的でアウトプット評価の高い人は年収が高い傾向がある

まず、以下のグラフ(n=399人)をご覧ください。 このグラフはFindyがエンジニアユーザーのGitHubアカウントを解析し、スキルを偏差値化したもの、およびエンジニアのユーザーから現在の年収レンジについてヒアリングさせていただいたものをもとにグラフ化したものです。(前回記事のグラフの縦軸と横軸を変更しておりますが内容は同じです。)

このグラフから、GitHubでの活動、つまりは OSS 活動に積極的で評価の高いアウトプットが多いエンジニアほど年収が高い傾向にあるということが分かります。

※OSS活動とは…OSSとはOpen Source Softwareの略で、ソフトウェアのソースコードが一般に公開され、利用者の目的を問わずソースコードの利用、修正、再配布が可能なソフトウェアの総称です。OSS活動とはそうしたオープンソースのソフトウェアの公開や改善などを目的に活動することを言います。

このブログを見た友人の経営者から、

Findyのエンジニアスキル偏差値と年収が相関して無ければ、そもそもサービスやアルゴリズムとして破綻してるってことだし、その方があり得ないんじゃないの?と思ってしまったのだけど。」

といったコメントも頂きました。厳しい…ですね。確かにそのとおりで、アルゴリズムというからにはこの相関は作っていてしかるべきものですね。

ただ、この部分は我々の説明不足にもなるのですが、Findyのエンジニアスキル偏差値は、あくまでGitHubを解析した結果として算出した数値です。しかも、そのスキル偏差値が結果的にエンジニアユーザーの年収と相関傾向にあったということです。

つまり、GitHubのアカウントを解析するだけでエンジニアの想定年収が推定できる可能性があるというところに新しい発見があるのではと思っております。(そうでもなかったらすいません…。)

現在は、あくまでOSS活動をやっているエンジニアの方のみ、年収を予測できるモデルができたに過ぎず、今後はプライベートリポジトリの解析も進めて、解析の範囲を広げていきたいと思っております。

エンジニアの「スキル偏差値」を算出したい方はこちらから!

 

スキル偏差値が高いエンジニア=ただ単にコードが書けるエンジニアではない

採用担当者向けにサービス説明をしていると、スキル偏差値についてしばしば以下のような質問を受けます

「Github を解析しているということはコードが書けるエンジニアっていうことですよね。当社はコードが書けるだけじゃなく、サービスへの興味やチームでの開発力、マネジメント能力を大事にしており、そういう方を採用したいんです。そのあたりはどうやって見えますか?」

これに対する我々の答えとしては、実はFindyスキル偏差値が高い方であればあるほど、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力、そしてサービスやビジネスへの理解・興味が高いエンジニアの方が多い傾向があるということです。

これは、あくまでも私自身が100人ほどのFindyのエンジニアユーザーの方にインタビューをさせていただいた中での感覚なので、バイアスがかかっている可能性はありますがで上記のような傾向がありました。

なぜ上記のような傾向があるのかというと、仮説レベルではあるのですがFindyスキル偏差値が「他のプロジェクトへどれだけ貢献しているか」、「他者からのコードの支持やアカウントの影響力」なども解析の対象にしているからではないかと考えております。

つまりこうした項目が入っているということは単にコードを書く能力だけではなく、作成したリポジトリの説明能力や、或いは他のリポジトリに対して改善提案をする際の提案力など非常に高いコミュニケーション能力を、しかも時には英文で求められる傾向があるからです。(むしろ英文がほとんどですね。)

また、こちらも仮説ベースですがこうした活動を活発的にしている方ほど、社内外での勉強会開催やメンバーとのコミュニケーション量も多く、普段からGitHubに限らずブログなどでのアウトプットしている方が多いです。

実際に話してみると一般的な営業マンよりも、よほどコミュニケーション能力が高い方が多い印象です。個人的にインタビューしていると技術の話はもちろん、サービスや今後の日本の課題などの話で盛り上がって2時間経ってしまったなんてことがしばしばあります。

エンジニアの「スキル偏差値」を算出したい方はこちらから!

Findyとしてもこうした指標を作っていきながらできる限りエンジニアの転職という領域において、現在起きてしまっているミスマッチを減らしていく方向性を作っていきたいと思っています。また、その結果としてスキル、技術力のあるエンジニアがしっかり評価されるような世の中にしていきたいと思っております。

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!

GitHub連携するだけで、スキルを解析。
スキル偏差値やプロフィール情報を基に、人気のテック企業からオファーが届く

https://findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/