新卒3年グリーを経て、ベンチャー立ち上げた!

2017.05.10

こんにちは、 @ma3tk こと、 佐藤 将高 です。

いきなりの登場でご報告なのですが、新卒入社から3年間エンジニアとして所属したグリーを2016年5月に退職して、ファインディ株式会社という人材領域の HRTech な会社を立ち上げました。

ちなみに昨日、Findy(ファインディ) を提供開始しました!まだ使われてないエンジニアの方は是非。

で、1年前の起業したタイミングで退職エントリ書こうと思ってたんですが、気づいたら今になっておりまして。サービススタートしたし、改めて、何故グリーに入ったか、そして心地いいグリーを辞めて自分で会社を始めたのか、書いておきたくなったので書き残しておきます。

新卒 グリー 入社まで

自分が大学院 1年の時に夏の短期インターンシップでグリーに関わったのが始まりでした。
このインターン終了時に面接フローが一つパスできたのも理由の一つとしてあって、グリーに応募しようと検討してましたね。

そして、ある別なタイミングで、就職活動本番の時に、逆求人フェスティバルというイベントに出たんですが、その時の自分の軸としては、「 Web 系の企業で海外に進出して、世界中の多くの人を巻き込むプラットフォームになれる会社」に就職したいというもので、そんな企業を探しまくっていたので、このイベントに出た際、どこに行くか、そしてグリーを受けるかはまだ迷い中でした。

ちょうどそのイベントに出ていたグリーの面談担当の方に対して自分の軸をプレゼンをした際、「君の理想とする会社ってうち以外思いあたらないんだけど、他にどこかあるの?」と言われて「御社しかないですねw」と答えたのが入社の決定打でした。

あの人と話してなかったら入社してなかったかもしれない。

入社 1-2年目 フルスタックエンジニア

そして、 2013年に新卒でエンジニアとして、ソシャゲがイケイケな時期にグリーに入社しました。

当時は、同期も相当多くて会社が大きくなっているのだなという時期に入社だった反面、不本意ながらコンプガチャ問題が起こり、「俺ら新卒で入ったけど、この先生きのこることができるのか!?」という風に考えた時期でした。ま、とはいえ、そういうフェーズも経験しておくの大事だなとポジティブに捉えつついましたが。

エンジニアとしては、ゲームのプラットフォームの部署への配属になり、フロントエンドからバックエンドまで幅広くエンジニアやってました。

具体的に、

  • TypeScript を使ってドメイン駆動設計
  • 何百万もいるユーザの AB テストのバックエンドを PHP で実装
  • Hive や Presto を使ってユーザの抽出をするようなデータサイエンティストに近いことやった
  • 非同期チャットのフロントエンド部分を作成
  • d3.js を使って簡単な 3D ゲームを作成
  • (あと、 Cocos2d-x でのネイティブゲーム開発もちょっとw)

こんな感じ。

いやぁ…… 本当にフルスタックにやれたかなと思っています。

入社 3年目 QA エンジニア

3年目はこれまた異動になって、プロダクトの品質保証周りを担保する QA 部で QA エンジニアとして色々やらせてもらいました。

  • 簡単なテスターの作業を手伝い、 QA 業務の理解
  • ゲーム開発時のユーザテストを社内で運営実施
  • Golang、ES2015、Redis を使って QA 作業可視化ツールの開発などを実装
  • 外部のオープンソースを社内に導入して全社的な社内システムとしてサービスをリリース

と、たくさんあるんですが、最後の方は、外部の会社に常駐して開発体制の再構築とプロジェクトマネジメントもやったりしました。 開発スピードの向上と、周りとのコミュニケーションをどう取っていくかの難しさを痛感しました。

外部ツールの導入のために外部のセールスエンジニアの方と対面でやりとりしたり導入のための予算確保もしました。予算感全くわからないながらこういったツールの導入フローについて勉強させてもらえて感謝です。

そういえば、部のイベントの司会も部に在籍中はやってたし、完全なるフルスタックエンジニアになれたんじゃないかと自負できます。笑

何故やめたのか

予め言っておきたいのですが、前職のグリーにはとても感謝してますし、不都合なところはほとんど思い出せないくらいです。トイレが混雑しやすくて1階まで急いだ事くらい。

むしろなんでもやらせてもらえたから楽しかったです。もし会社ダメになったら戻りたいです、ってくらい。トイレだけ解決して欲しい。

そんなグリーの同僚にも同期にも恵まれていたので、毎日楽しく、たまに大変なことがあっても理解して支えてくれる人たちが多く、本当にいい会社だと思ってます。にも関わらず、やめたんですけど。笑

やめた理由としてはいくつかあって、

  • 単に自分で会社経営したい
  • 人材領域は今後やり甲斐ありそう
  • 仕事との出会いを通して、人生を変えるような経験を増やしたい

というのが大きな理由です。

単に自分で会社経営したい

元々、自分の祖父が起業家で、福島の都心に大きな工務店経営していました。

小さい頃から会社に遊びに行って仕事に勤しんでいる祖父を見ていました。

その祖父が 7年ほど前に亡くなったのですが、その時のお葬式で「この葬儀場がこんな人だかりで埋め尽くされてるのは見たこと無いよ」と親戚に言われた時に、何故か「自分もこういう生き様でありたい」と感じたのが起業家としての小さな火がついた瞬間だったのかもしれないです。

そんなに沢山の人が時間を割いて来てくれるものだったのか、と。本当に誇らしいし、ありがたい限りです。

父も一級建築士でその工務店を引き継いで社長してたのですが、環境の変化とともに現在介護領域に参入し、デイケアマネージャーを管理運営する会社の社長として再チャレンジしています。

そんな環境にいれば、自分も会社経営してみたいと感じてしまうものなんですかね。ただ、既存のリソースでトライしてみたいというより祖父がはじめたようにゼロから立ち上げたいと思ったのでベンチャー企業として挑戦することにしました。

人材領域は今後やり甲斐ありそう

そう感じるのは、大きな変化が人材業界に起きようとしているというのが挙げられます。

例えば、「人口減」「働き方改革」「AIでなくなる仕事」など、毎日人材領域のニュースがネット上にあふれています。そんな課題いっぱいの人材領域だからこそ、今スタートアップがチャレンジすべきエリアではないか、と思います。また、個人としても逆求人企業でのインターン経験などを通して学生時代から人と仕事の関係に興味を持っていたというのも理由の一つです。

また、今回立ち上げた、「Findy」では、エンジニア×転職に関する課題を解決したい、と切実に思っています。

ファインディの立ち上げ初期は代表山田の古巣であるレアジョブの人事横の席を借りて仕事をしていたのですが、人事の方がエンジニア採用に困っている姿を日々見続け、ちょくちょくお手伝いさせてもらいました。具体的にはエンジニアリング経験がないため、どう求人票を書いて良いか分からない、どう自社の魅力を伝えて良いか分からない、などです。

一方で、エンジニアの友人からは面接担当者が技術のことを理解していなかった」(30代後半フリーランス)、「人事担当者に技術力が伝わる履歴書をどう書けば良いか分からなかった。」(20代後半会社員)といった悩みを聞きましたw

このギャップが大きい領域をまずは機械学習のツールやノウハウ、自然言語処理の技術を使って、より良くしていきたいと考えたからです。

そのほかにもたくさんの「不」がある人材領域ですので、10年かけて課題解決に取り組める分野だと思っています!

仕事との出会いを通して、人生を変えるような経験を増やしたい

自社のミッションとして、「Life-Changing Experiences」(= 人と仕事の出会いを通じて人生を変えるような経験)を増やしていきたいと思っています。もちろんいい意味で。

今まで、自分が逆求人を知って感動してインターンまでしてしまったり、そのイベントで「君の理想とする会社ってうち以外思いあたらないんだけど」と言われて就職先を即断したあの衝撃、そして何よりも、自分の祖父の葬儀場で言われた「この葬儀場がこんな人だかりで埋め尽くされてるのは見たこと無いよ」という言葉を聞いた瞬間。

色々なきっかけで自分の人生ってベクトルが変わる時ってあると思います。

そんないいきっかけを、僕達が強みとする、人間科学 / HR の分野で作っていきたいと思っています。

事業が簡単にうまくいくとは思ってないですし、グリーに居たときと比べると自分で重要な意思決定をする瞬間が多くなるので間違うことも失敗することもたくさんありましたし、今後ももっと辛い局面があると思っています。

それでも、代表の山田と力を合わせて、人生を変えるようなサービスや価値を提供できるのではないかと信じています。

おわりに

そんな山田と、「ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職 Findy(ファインディ) 」を2つめのプロダクトとして立ち上げました。

1つめのプロダクトでは最近 Forbes にも取り上げてもらったりしてわりと順調です!

エンジニアである自分が、エンジニアの転職で不満に思うことをいっぱい解消していきたいと思うサービスになったと思っています。とりあえず、ですがw

もちろん、まだまだたくさんやりたいことはあるし、ツイッターの反応とか見てもすごい良いフィードバックがたくさんあるので、直近はこれに力を注いでいきたいなと思っています。

頑張りますので、是非とも佐藤を、そしてファインディを皆様今後ともよろしくお願いいたします!

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な、リモートOKで週2〜3可の案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
4月中盤から高単価の案件増加中!
CTO の佐藤も「リモートかつスキルアップできそう!」と気になるくらい案件がありますので案件の詳細を是非見てくださいませ!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/