「いいね」が3倍!? Findyのプロフィールといいねの関係を大公開!

2019.02.12

こんにちは、Findyエンジニアの宇田川(@udayan28)です。

いつもハイスキルなエンジニア転職サービスFindyをご利用いただき、ありがとうございます。
ユーザの方にとってよりよりサービスづくりを行う上で、サービスの各データを分析し、サービス改善を常に行っています。その中でも今回は、いいねの受け取り数とユーザーのプロフィール入力項目数の関係性について調査してみました。

プロフィール入力項目数といいねの関係について

Findyでは、エンジニア向けに面白い機能を提供する側面を持つ一方で、エンジニアと企業のマッチングサービスという特性を持っています。その特性上、企業側からユーザーへ「いいね」をする際、それぞれの企業で採用したい人材の特徴やレベル間などが違います。
スキル偏差値を重視している企業もいれば、スキル偏差値以外にプロフィールの内容をきちんと確認した上で「いいね」を送る企業もいます。
サービスを運営していく上で、企業からの「いいね」が多いユーザとそうでないユーザがいるのではないかという仮説を元に、どれくらいプロフィール項目を埋めることで企業からいいねが届きやすくなるのかを調査してみました。

調査したプロフィール入力項目は下記です。
・生年月
・居住地
・お勤めの会社
・直近の開発実績
・職種
・自己申告スキル
・職歴
※ 集計期間:2ヶ月間

結果:プロフィールをたくさん埋めるほど「いいね」数が増加

ユーザー全体での調査結果はこのような形になりました。

今回の調査で分かったことは下記です。
・プロフィール入力項目数が増えるほど受け取るいいね数は増える
・5項目入力するといいねがもらえる可能性が高い
・逆に4項目以下だといいねがもらえない可能性が高い
・6項目入力すると3社からいいねもらえる可能性が高い

やはり、「プロフィールを埋めるほど企業からのいいね数が増える」という結果になりましたね。
全体の傾向として、一定のプロフィール入力は必須だということがわかりました。

会員ステータスごとのプロフィールといいねの関係について

追加でユーザーの会員ステータスごとのデータも出してみました!

Findyはスキル偏差値とコントリビューション数に応じて、下記のように会員ステータスを定めています。
・プレミアム本会員:偏差値60以上のスキルをお持ちの方
・本会員:偏差値55以上のスキルをお持ちの方
・コントリビューション本会員:Findyが独自にコントリビューション数等の指標を判定しハイスキルと推定される方
・プレ会員:上記以外の方
※ Findyではパブリックリポジトリのみを解析対象としており、スキル偏差値の基準としております。プライベートの活動を評価することができず、申し訳ございません。

スキル偏差値の解析基準についてはこちらをご覧ください
https://findy-code.io/engineer-lab/skill-deviation-value-update20171016

結果:プレ会員・本会員でもプロフィール充実で「いいね」がもらえる!

上記会員別で調査した結果がこちらになります。

この調査結果からわかることは下記です。
・プレミアム本会員は2項目記入でいいねがもらえるが、いいねを2個以上もらっているのは5項目以上を記入しているユーザー
・コントリビューション会員も5項目記入が基準
・本会員とプレ会員は6項目記入からいいねの獲得数が増える

スキル偏差値が高いほどいいねの数が多いというのは変わらないのですが、企業側は偏差値だけでなくプロフィール内容も評価しているのが、プレミアム本会員のいいね数もプロフィール入力項目数に比例していることからわかります。
コントリビューション会員が評価されているのは、パブリックでの活動が少ないだけで活動量が高いことが一定の開発力を保証しているからかと思われます。

転職活動中の方、転職を考えている方は上記データを参考にプロフィール入力の項目数を増やしてみてください。

プロフィールの個別項目の編集が可能に!

調査結果を受け、以前からユーザインタビュー含めてユーザ様から編集しづらいとフィードバックいただいていた「プロフィール編集画面」を改善いたしました。

今回のリリースでプロフィールの個別項目ごとに編集できるようにいたしました。
編集後の見た目も一新し、より登録データが見やすくなりましたので、新しいプロフィール編集ページをぜひ確認してみてください。

プロフィール編集ページはこちらから
https://findy-code.io/settings/profile

使い方の解説です。
ヘッダーメニュー「プロフィール登録」からプロフィール編集画面に移動します。
下記のように個別項目の右に編集ボタンがありますのでそこから編集するだけです。

以前より楽にミスなく、登録情報が編集できるようになったかと思います。

ぜひ、こちらから新しくなった編集画面でプロフィールを更新してみてください!
https://findy-code.io/settings/profile

プロフィールの登録項目数が多いほど、企業からのいいねも届きやすくなりますので、この機会にぜひ登録してみてください!

みなさまのお声をお待ちしております!

今回は、プロフィール項目の入力数といいねの受け取り数の関係性の調査結果、
プロフィール編集ページで個別項目が編集できる機能の追加をお知らせさせていただきました。
ぜひ、見やすくなったプロフィール編集ページを確認するとともに登録情報も更新してみてください。

引き続き皆様のご意見をもとにより良いプロダクトにしていきたいと思っていますので、お気づきの点等ございましたらフォームや#findyまでフィードバックいただけますと幸いです!
https://form.run/@findy-opinion

Findyでスキル偏差値をチェックしてみませんか?
https://findy-code.io/
既にご登録済みの方は是非GitHub再連携して最新のスキル偏差値をチェックしてみてください!
https://findy-code.io/settings/account
引き続き Findy をどうぞよろしくお願い致します。

読んで頂きありがとうございました! 宜しければ、エンジニアの皆様はFindyでご自身のスキル偏差値を測定してみてください。

[正社員の方]
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

[フリーランスの方]
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

また、Findyでは年齢や勤務形態を問わず、様々な働き方で採用をしています。興味のある方は、こちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!

GitHub連携するだけで、スキルを解析。
スキル偏差値やプロフィール情報を基に、人気のテック企業からオファーが届く

https://findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/