絶対にエンジニアが転職してはいけない会社の募集要項

2018.01.22

昨年末に 「エンジニアが転職する時に必ずチェックしたい募集要項」という記事を書きました。本日はその逆で、絶対にエンジニアが転職してはいけない会社の募集要項について書きたいと思います。

今回は、これまでに「ハイスキルなエンジニア転職サービスFindy」をリリースするために数万件の募集要項を読んできた経験から、特にエンジニア職に特化して、こんな募集要項を書いている会社は「やばい」という例を6つ紹介してみたいと思います。少しでも転職を考えている方のお役に立てればと思います。

求人票の種類がWebエンジニアただ一つ。エンジニア職種の分解がされていない

創業数人のスタートアップを除き、エンジニア職種が一つしか書かれていない募集要項の会社は避けましょう。
よくある例としては、「Web エンジニア」というタイトルの募集要項があるだけで、しかもその「Web エンジニア」の方に、ありあらゆることをお願いする想定になっていることが非常に多いです。

例えば 、サーバーサイドはもちろんのことフロントエンドもインフラも全てできるようなエンジニアの方を想定されており、それだけでなく売上数字にもコミットして欲しいなどと書いてある募集要項も多々あります。

もはや 創業経営者やCTO の領域ですね。こういった募集要項を出してしまっている企業は、エンジニアの理解が低く、過度な期待をエンジニアかけてしまっているので、あまりオススメはできません。

逆に、エンジニアとって人気の高い会社は社内の役割に応じて職種の分解がされています。例えば、バックエンドエンジニアも通常のサーバーサイドエンジニアに加えて、サーチエンジニアや各新規のプロダクトごとのサーバーサイドエンジニアなど細かく分解されて募集を出しており、選考を受ける側にとってエンジニア職種を選びやすいようになっています。

 

開発言語のスペル間違いがある、或いは大文字小文字が間違っている

開発言語のスペル間違いがある求人も要注意です。
例えば、JavaScriptと書いてあっても、大文字小文字が間違っているであったり、そもそも開発言語のスペルが間違っているという会社もちょくちょく見受けられます。

こういった募集要項は多くの場合、 エンジニアと人事が一緒に求人を書いているわけではなく、人事のみで書いた募集要項を公開しているケースが非常に多いです。

やはり、これらの会社の多くはエンジニアと人事の協力関係がそれほど良くはなく採用に苦戦していることが多い傾向です。また人事とエンジニアの関係性が悪い会社はしばしば、エンジニアとビジネスサイドの関係性が悪い傾向があるので、入社後の環境も踏まえて要注意です。

 

ブラック企業が使いそうな単語がいっぱい

次に募集要項にブラックな企業が使いそうな単語がいっぱい入っている会社も要注意です。誰もがブラック企業では働きたくはないですよね。

例えば以下のようなものがあります。

  • いとわない
  • 抵抗のない
  • ストレス耐性
  • タフ
  • 根性
  • 妥協しない

こういう単語が入っているとなんとなくブラックそうな会社だなあと思いますよね。

ちなみにこれはひどいというブラック企業単語としては「傭兵」という言葉が使われている募集要項もありました。戦争に行くのかという感じですよね。しかも、国家の兵士ではなく、お金で雇われた傭兵なので、ソルジャーよりも過酷な職場かもしれません。

 

営業マンが大好きそうな単語がいっぱい

営業マンが大好きそうな単語がいっぱい使われている募集要項もエンジニアにとっては魅力的ではない会社の可能性が高いので要注意です。例えば以下のようなものがあります。

  • 数字
  • 挑戦心
  • バイタリティ
  • 交渉
  • 目標達成

これらの単語が必ずしもエンジニアの仕事とかけ離れている単語ではないことも場合によってはありますが、敢えてこれらの言葉を募集要項にたくさん使っているような会社は避けた方が良いのではないでしょうか。

おそらく社長や事業部長が営業出身でエンジニア理解に乏しく、開発現場にも営業マンに求めるコミットメントに近いコミットを求めてくる可能性が高いといえます。心地よくプロダクトづくりに専念できなそうです。

 

仕事内容が開発に関わるものだけ。ミッションとか事業戦略に言及なし

次に仕事内容が開発に関連することだけしか書かれていない会社の募集要項も要注意です。 具体的にはミッションや事業戦略あるいは組織戦略、人材戦略といった戦略に関連することがあまり書かれておらず、こういったものを作ります、或いは開発業務とその内容だけ書かれれている募集要項です。いかにも外注に頼む場合の案件定義しかないようなケースは要注意です。

良いプロダクトはやはりエンジニアとビジネスサイドが良質な関係性を築き、良質なコミュニケーションをとりながら開発することで生まれてくると考えております。典型的な受発注関係の会社かどうかというところは、仕事内容がどれぐらい深みを持って書かれているかというところから推測することができると言えます。

 

募集要項の中身が薄い。募集要項がとにかく短い

中身が薄いとにかく短い求人も気をつけてください。割と大きな会社でもびっくりするぐらい適当な求人を書いている会社があり驚かされます。 例えば、必須スキルだと「Web サービスの開発経験3年以上」のみという会社や、或いは仕事内容も「Web アプリケーションの開発及びクライアント対応」だけ、といった会社なども存在しています。

おそらく新卒文化の中で入社した人は上から与えられたものを何でもやるという企業カルチャーが存在しているため、そもそも募集要項を書いた経験が人事にない、或いはそもそも何でもやって欲しいのであえて書かないと入った会社もあるようです。

専門職であるエンジニアがなぜかパソコンの設定や営業ツールの導入ばっかりやらされている、みたいな結果になりがちな会社はこういった募集要項の中身が薄い会社によくあるのでぜひ注意して見ていただければと思います。

 

以上、「絶対にエンジニアが転職してはいけない会社の募集要項」とは、いかがでしたでしょうか。これまで日本の IT/Web企業の求人票を数万件読んできた中で見えてきたことをまとめてみました。これ以外にも多々あるとは思いますので今後も解析しながら、仕事探しをしているエンジニアの方がミスマッチがなくなるためのお役に立てるような情報を発信していければと思います。

ちなみにこれまでエンジニアと強調して書いてきておりますが、上記の内容は他の専門職でも言えることではないかと思っております。例えばマーケティングやアカウンティングといった仕事の定義に厳密な職業についてはおそらく似たような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。是非この辺りに中心に求職者は求人票を見てみるというトライをしていただければなと思います。

また、「ハイスキルなエンジニア転職サービスFindy(ファインディ)」では上記全てをクリアしている、わけではないのですが、優れた募集要項を書いている会社のみを紹介するサービスに拘って提供しています。ご興味のある方はぜひ!

合わせて、「フリーランス・副業エンジニア向け単価保証型の案件紹介サービスFindy Freelance」を通して、フリーランスや副業として働きたいエンジニアの仕事探しもサポートしています。ぜひ、こちらもご活用ください。

(筆者: @yuichiro826

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
7月後半から一気に面白い案件が増えてきました!
CTO の佐藤も「これはやってみたい!」と気になるくらい魅力的な案件が数多くなってきましたので、気になる方はお早めにどうぞ!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/