GitHubの10周年ページを簡単に翻訳してGitHubの歴史を振り返ってみた

2018.04.13

GitHub10周年

GitHubがサービスリリースから10週年を迎えました。

そしてその10年間の歴史を振り返ったムービーなどが特設ページにて紹介されています。

https://github.com/ten

弊社のサービス 
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職 Findy
 でもGitHubのデータを基にプログラミングスキルを偏差値化しています。

GitHubは今では「企業/チームで開発をする」、「世界中の他の人が書いたコードを閲覧できる」、「OSS活動をする」など様々な場面で重宝されるようになりました。

今回は上記で紹介したGitHub特設ページは英語で綴られているため、GitHubの歴史を日本語にて簡単に紹介したいと思います。
(訳が正確でない可能性もあります。もしお気づきの方がいたらご指摘頂けると幸いです。)

GitHubサービス開始

GitHubは2008年4月10日に正式版がリリースされました。https://blog.github.com/2008-04-10-we-launched/
Gitの初板がリリースされたのが2005年12月21日なので、その約2年半後ですね。

Ruby on Railsの参加      (2008/04)

GitHubはRails上に構築されています。そのRailsはまだGitHubがβ版のときに参加しました。これはGitHubでの初めての大規模なプロジェクトとして大きな意味を持ちました。

ビットコインの発明
   (2009/01)

2009年にビットコインは発明され、2010年にGitHub上にあげられました。
ビットコインプロジェクトは今では18,000以上フォークされ、500以上のプルリクエストがマージされました。

Node.jsローンチ  (2009/05)

2009年のもう一つの大きな出来事はNode.jsのローンチです。Node.jsの登場によってJavaScriptの可能性が広がったのは間違いないと思います。

Rails Girlsが初のワークショップを開催  (2010/11)

ヘルシンキにてRails Girlsが初のイベントを開催しました。
※Rails Girls : 多くの女性がプログラミングに親しみ、アイデアを形にできる技術を身につける手助けをするコミュニティ

Travis CIの最初のプルリクエスト  (2011/01)

GitHubと連携ができる継続的インテグレーション(CI)「Travis CI」の最初のプルリクエストが出されました。

JavaScriptがGitHub上で一番の人気言語になる (2012/01)

この年GitHub上での人気言語はJavaScriptがRuby、Java、Pythonを上回り一番となりました。

300万人のユーザー達成  (2013/01)

300万人のユーザーを達成し、その年の後半には1000万件のリポジトリが作成されました。

Docker 1.0ローンチ
  (2014/01)

2014年にはDockerの最初のバージョンがローンチされました。

最初のDjango Girlsのワークショップが開かれる  (2014/07)

初のDjango Girlsがベルリンで開かれました。

Microsoftの.NETのオープンソース化  (2014/10)

Microsoftの.NETのオープンソース化がされました。マイクロソフトという世界的なIT企業がオープンソース化に舵を切ったことを印象づける出来事です。今ではGoogleやMicrosoftなど多くの大企業がオープンソースへの投資をしています。

Unreal Engine 4が無料で利用できるようになる (2015/03)

Epic GamesチームがUnreal Engine 4を無料で利用できるようにし、ゲーム開発者と彼らのクリエイティブなビジョンとの間にある障壁を取り除きました。

GitHub Classroom開始  (2015/09)

学校で教師が生徒の課題ソースコードを収集することを簡単にするGitHub Classroomをローンチしました。

AppleオープンソースSwift  (2015/12)

Swiftをオープンソース言語としてリリースするという決定は、新しい開発ツールの必要性を高め、より多くの企業にツールを公開するよう促しました。

Apollo 11のコードが離陸 (2016/7)

1969年、アポロ11号は月に上陸しました。
その47年後、Apollo11号に搭載されていたアポロ誘導コンピューター(Apllo Guidance Computer : AGC) のソースコードがgithub上で公開されました。このソースコードにはイースターエッグの数が含まれていて、当時からプログラマーにはユーモアがあったことが垣間見れます。

Pythonチームがプルリクエスト機能をオープン  (2017/02)

Pythonチームは2016年にGitHubへの移行計画を発表し、2017年にプルリクエスト機能を開放しました。
また、Googleの機械学習ライブラリTensorFlowは2015年の公開以来、GitHub上で最もフォークされたプロジェクトの一つになりました。

30,000の非営利団体のアカウントが作成された (2017/05)

非営利団体(NPO)や非政府組織(NGO)のアカウントが3万件を超えました。彼らはテクノロジーによって信じられないような事を起こします。

1億回目のプルリクエストのマージ  (2017/05)

2017年には1億回目のプルリクエストがマージされました。
またこの1年のみで2.9兆行のコードがコミットされたそうです。

GitHub正式版リリースから10年

2018年現在までにGitHubでは2700万人の開発者が参加し、8000万件以上のプロジェクトが行われました。

GitHub上では多くのコントリビューションがされていますが、間違いなくGitHub自体の社会へのコントリビューション(≒貢献度)は非常に高いと思います。少なくともエンジニアはこのサービスで、よりハッピーになったのではないでしょうか。

そして特設ページではこう締めくくられています。
What does the future of software hold?

直訳すると「ソフトウェアの未来はどうなるのだろうか?」となります。
過去10年でたくさんの素晴らしいものが出てきて、今後のソフトウェアの将来を考えるととてもわくわくしますね!

Findyの描く未来

弊社Findy ではOSS活動は今後さらに活発になると考えています。
そこで Findy ができる社会への「コントリビューション」、それが GitHub にはないOSSの可視化です!

GitHubを使用されている方はぜひ
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職 Findy
フリーランス・副業エンジニア向け単価保証型の案件紹介サービスFindy Freelance
においてGitHub連携をしてみて下さい。
偏差値としてプログラミングスキルが可視化されます。

また、上記の訳は簡単に要約したものなので興味を持っていただいた方は、ぜひ基の特設サイトを訪れてはいかがでしょうか。
https://github.com/ten

(著者:@hikaruya8)

フリーランス・副業の案件をお探しの方:
フリーランス・副業エンジニア向けの単価保証型の案件紹介サービス Findy Freelance

中途転職を希望の方:
ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職サービス Findy

Findyでは副業・社会人インターン採用も積極的に行なっています。興味を持っていただいた方はぜひこちらからご応募どうぞ!

Findy Engineer Labを購読してみませんか?
エンジニアの働き方やFindyの技術的な話などをお送りします!
フリーランス・副業エンジニア向け
単価保証型案件紹介サービス

エンジニアにとって魅力的な案件をあなたの希望単価でご紹介サポートします。

担当より:
7月後半から一気に面白い案件が増えてきました!
CTO の佐藤も「これはやってみたい!」と気になるくらい魅力的な案件が数多くなってきましたので、気になる方はお早めにどうぞ!

https://freelance.findy-code.io/
  • Category

  • About

  • Service

    フリーランス・副業向け
    単価保証型案件紹介サービス

    ハイスキルなフリーランス・副業エンジニア向けに案件紹介

    https://freelance.findy-code.io/
    ハイスキルなエンジニアの
    プレミアム転職サービス

    スキル偏差値が高いエンジニアに、人気のテック企業からオファーが届く

    https://findy-code.io/
    リアルタイムAI求人票採点サービス

    AIを使ってリアルタイムに求人票を採点

    https://findy.us/