他社との比較

比較1 登録者のスキルレベルの高さ
FindyはGitHubによるOSS活動を評価するアルゴリズムを取り入れているため、登録ユーザーはGitHubによる自学的な活動をオープンソースで行っている傾向があります。故にモダンな技術と開発スキルをお持ちのユーザーが多いです。
比較2 運用リソースの削減
通常の採用媒体では、応募率やスカウト返信率などの要因で採用担当者の作業リソースが肥大化してしまう傾向があります。FindyではAIによるレコメンドされたユーザーのスキル偏差値を確認して「いいね👍」を押すだけで登録ユーザーとのマッチングが生まれます。
比較3 豊富なサポート
ご導入頂いた企業様には必ず1名Findyのカスタマーサクセス担当がつきます。エンジニア採用マーケティングを知り尽くしたカスタマーサクセスから、求人票の改善や採用戦略構築まで幅広く採用活動をサポートします。

比較表

Findy 他社媒体の例 エージェント
エンジニアのスキル ハイスキル メンバークラス メンバークラス
初期費用 安い(月額4.5万〜10万円) 100万円 無料
成果報酬 理論年収の30%〜35% 30% 理論年収の35%〜40%
運用リソース かからない 高リソース 管理が大変
スキルスコア あり なし なし
ユーザー数*1 約80,000人 約5,000人 エンジニアは多くない

導入企業一覧

お問い合わせはこちらから