RIZAPグループ株式会社

RIZAPグループ株式会社のエンジニア・プログラマー向け企業情報

  • RIZAPグループ株式会社
  • RIZAPグループ株式会社
  • RIZAPグループ株式会社

プロダクト

『chocoZAP』『chocoZAPアプリ』

『chocoZAP』『chocoZAPアプリ』

国内フィットネスジム会員数No.1(会員数「80万人超」・ブランド開始後約1年で会員数日本一達成)『chocoZAP』

運動初心者「1億人」をターゲットに、RIZAP10年のノウハウから世界初のコンビニジム及びヘルスケアアプリの決定版

https://chocozap.jp/
『RIZAP LIVE』

『RIZAP LIVE』

700名規模のカリスマトレーナーによるトレーニング動画配信(LIVE・アーカイブ)サービス『RIZAP LIVE』

https://live.rizap.jp/

ミッション・ビジョン

mission

「RIZAPグループ 株式会社」国内最大規模のヘルステック(Health Tech)カンパニー

▍世界随一のヘルスケアデータプラットフォームの構築し、「人類の健康に最も貢献する企業」「ヘルスケア市場(2030年「525兆円」)グローバルNo.1」を目指す

RIZAPグループは、国内最大規模のヘルステック(Health Tech)カンパニーとして、デジタルシフトに大きく舵を切りました。設立から約20年が経ち、企業規模は今や85事業・グループ70社/連結従業員数5,034名/売上1,623億円急成長を遂げました。

当社はこれまで、ボディメイク領域を主幹事業として、事業を拡大して参りましたが、最終的には「予防医療」及び「健康インフラ」の実現を目指しており、データ×テクノロジードリブンで、「人類の健康に最も貢献する企業」へ躍進していきたいと考えています。

従来ターゲットとしていた運動上級者から、国内総人口「約1億人」に該当する女性やシニアに至る運動初心者を対象にし、RIZAPグループ間のシナジー、M&Aと新規事業の創出、オンライン(革新的なテクノロジー)×オフライン(リアルな体験価値)の融合等を通じて、この先数年で、世界随一のヘルスケアデータプラットフォーム(「約1億人」のライフログ)を構築したいと考えています。

国内有数の巨大な経済圏を確立し、「健康」「予防医療」を入り口として、業界の常識や固定観念・既成観念を変え、人々の「心」と「体」の健康に向け、toC×toB(法人・自治体・業務提携)問わず、全く新しいソリューションを提供していていきます。

世界のヘルスケア業界の市場規模は、2020年「311兆円」→2030年「525兆円」に拡大すると言われています。当社では、日本国内に留まらず、アメリカ・香港・上海・台湾・シンガポールに海外展開をしており、今後はより多くの国に事業進出していく予定です。グローバルNo.1に向けて、社会の潜在的なニーズ・シーズを早期発見し、より広域的なソリューションを提供していきたいと考えています。

当社が保有するデータプラットフォームは、他業界とのシナジー創出、アップセス・クロスセルに繋げるなど、無限の可能性を秘めています。(実績例:大手保険会社のSOMPOホールディングスと資本業務提携 等)。

Vision実現の第一歩として、2021年.世界初のコンビニジム『chocoZAP』(会員数「120万人」・ブランド開始後約1年で国内フィットネスジム日本一達成)をリリースいたしました。次世代型のスポーツジムとして、メディアをはじめ多くの反響を呼んでおり、この先4年間で500億円投資をし、2026年3期までに2,000店舗を設立する予定です。「予防医療」を進化・浸透させることを使命とし、医療費負担を軽減に繋げることで、経済活動が加速し社会貢献に繋がると信じています。

また、「健康」「予防医療」に留まらず、広域的なサービス開発を進めています。健康的な体を手にした先の世界観として、「ファッション」「食生活」「美容」「スポーツ」「学習」「保育」「介護」「メディア」「エンターテイメント」等に至り、人々の生活をより豊かにする包括的な健康インフラを提供しています。

【数字で見るRIZAPグループ】
● 世界初コンビニジム『chocoZAP』の会員数:2024年5月「120万人」(ブランド開始後約1年で会員数日本一達成)
● 世界初コンビニジム『chocoZAP』の店舗数:2022年11月「204店舗」→2024年「1,500店舗(47都道府県)」
● 法人プログラムの導入企業:1,900社(累計参加人数31万人突破)等
● 地方自治体との連携実績:38自治体
● ボディメイクの会員数:2015年「4.6万人」→2022年「18.1万人」
● シニアのプライム会員数:2019年「10.2%」→2022年「20.1%」


▍持続可能な社会の実現に向けて、日本をヘルスケア先進国にし、誰も健康で豊かな生活を送れる社会を実現する

医療問題・コロナショック等、社会情勢が目まぐるしく変遷・困窮していく中、当社では、持続可能な社会の実現に向けて、誰もが健康で豊かな生活を送れる社会を創りたいと考えています。

● SDGs|目標3 すべての人に健康と福祉を
国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の3番目のゴールに「全ての人に健康と福祉を」があげられています。

「健康」と聞くと「体」の健康を思い浮かべる人が多いと思いますが、世界保健機構(WHO)憲章にはこのように書かれています。「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」

「人生100年時代」が目と鼻の先まで来ている中、「健康」「予防医療」は、世界中の人が豊かな毎日を送るために、喫緊の課題と言っても過言ではないです。当社が提供する、健康インフラがこれらを解決する鍵であると考えています。

● 超高齢化社会による医療費の高騰を抑え、医療格差をなくす
「日本人の平均寿命の延伸」と「出生率の低下」が相まって、2050年には、国民の労働者一人が、児童やシニア一人を支える「超高齢化社会」が訪れます。年金・医療費・介護費は、恐ろしい勢いで年々増加しており、社会保障給付費(年金・医療・介護等)は、2018年「121兆円」→2040年「188兆円」に昇ると言われています。

ヘルスケア業界の市場規模は、2020年「26兆円」→2030年「37兆円」に拡大する見込みです。当社では、生活習慣の改善を通じて、健康増進に貢献していきたいと考えています。
(例:肥満・高血糖・高血圧・脂質異常・糖尿病・高血圧・脳血管障害・腎不全・網膜表・心疾患・脳卒中・認知症の減少 等)

● フィットネス後進国の日本を先進国へと躍進させる (3.3%→30-40%)
日本はフィットネス後進国と言われており、主観的健康意識は国際的に最低レベル(41ヵ国中40位)であり、日常的に運動する国民の割合は、僅か「3.3%」に過ぎません。一方で、アメリカは「21.2%」と非常に高く、5人1人がフィットネス施設の会員登録をしています。

当社では、これら全てのイシューを払拭し、フィットネス業界にパラダイムシフトを起こしたいと考えています。今後は、運動初心者「1億人(65歳以上のシニア:3,600万人/15~64歳の女性:3,600万人等)」をターゲットに、日常的に運動する習慣を創りたいと考えています。

● コロナショックによる価値観・生活様式の変遷
昨今、コロナショックによる人々の価値観や生活様式の変遷に伴い、オンライン(WEBコミュニケーション)市場が拡大しました。一方で、オフライン(リアルな体験価値)の重要性が再定義されています。当社では、これらの社会情勢を加味し、オンライン×オフライン双方の強みを生かしたソリューションを提供しています。人々の生活のQOLや健康意識への高まりが、ヘルスケアの事業の追い風になっていると感じており、今後更にドライブをかけていく予定です。

当社では、「体」の健康に留まらない「心」の健康を追求しています。「ファッション」「食生活」「美容」「スポーツ」「学習」「保育」「介護」「メディア」「エンターテイメント」等に至り、ユーザーの様々なニーズに即したライフプラットフォームを保有しており、ライフイベントを点と点を繋ぎ合わせ、生活そのものを豊かにするソリューションを提供しています。
(例:『RIZAO GOLF』『RIZAP ENGLISH(英会話スクール)』『RIZAP COOK(料理教室)』 等)


▍運動初心者「1億人」をターゲットに、RIZAP10年のノウハウから世界初のコンビニジム『chocoZAP』が誕生

これらの社会情勢を踏まえ、当社が従来ターゲットとして「運動上級者」から、1億人をターゲットとした「運動初心者」向けに、事業の方針転換を行いました。

『chocoZAP』は、従来のRIZAPの1/100の価格である「月額2,980円」で利用出来るコンビニジムです。

誰でも、いつでも、どこでも、気軽に、安全に、リーズナブルに、利用できることをコンセプトにしており、次世代型のスポーツジムとして、人々の生活様式を変えるインパクトを秘めています。

会員数は、ブランド開始から約1年で、国内フィットネスジムにおいて日本一を達成しました(現会員数:120万人)。今後も更なる飛躍的な成長が見込まれています。

● 誰でも:「健康習慣プログラム(1日5分で結果を出せる)」「AIを搭載したバーチャルトレーナー」「動画コンテンツ」等を通じて、誰でも簡単に、正しいフォーム・マシンの使い方を覚えられ、トレーナー不在でもエクササイズが可能
● いつでも:24時間365日全店通い放題
● どこでも:店舗数は、47都道府県1,500店舗あり、今後も拡大予定
● 気軽に:服装は自由のため、着替え・履き替えは不要
● 安全に:AI監視カメラ等のセキュリティ、非接触体温計・仕切り・消毒液等の感染症対策等、安全性とプライバシーを保護
● リーズナブルに:従来の1/100の価格「月額2,980円」で利用可能

『chocoZAP』は業界で唯一無二のポジションを確立しており、以下のような様々な前衛的なサービスや付加価値を提供しています。

● スマートライフジム
ユーザーの皆様に運動習慣をつけていただくために、あらゆるサービスを提供しています。
(例:スターターキット(体組成計・スマートフォンアプリ・ヘルスウォッチ)の無料配布/トレーニング動画配信サービスの提供/成果保証型新プラン開始予定/セルフエステ/セルフホワイトニング/セルフ脱毛/セルフネイル/ちょこカフェ/マッサージチェア/デスクバイク/ワークスペース/ゴルフ/カラオケ/洗濯・乾燥機/ピラティス/セルフフォト/キッズパーク/ちょこっとサポート/医療提携 等)

● ヘルケアアプリの決定版『chocoZAPアプリ』
RIZAPの10年のノウハウを基に開発をした、ヘルスケアアプリの決定版です。様々な機能を搭載しており、アプリ一つで運動・健康状態の可視化から管理が可能です。
(例:体組成計・ヘルスケアウォッチ・アプリと連動した健康・歩数・運動・睡眠・食事管理/健康プログラムの閲覧/EC/コミュニティ/動画によるトレーニング/ちょこっとサポート・コンシェルジュ(RIZAPのトレーナー500名・コンシェルジュ100名のサポート)等)

● トレーニング動画配信サービス『RIZAP LIVE』
700名規模のカリスマトレーナーによるトレーニング動画配信(LIVE・アーカイブ)サービスです。RIZAPのトレーナーは、厳選された採用選考(採用率3.2%)、研修試験(192時間)、実務を乗り越えた精鋭部隊です。

● 次世代型のEC『chocoZAPオンラインストア』『RIZAP COLLECTION』
ヘルスケアデータやAIによるレコメンドシステム等を用いて、人々の最適な意思決定・購入体験を支援するECサイトを提供しています。

● AIアドバイザー
東京医科大学らと共同研究で、睡眠・食事のアルゴリズムの解明に向けて、研究開発を進めています。

● 地方自治体との連携
現在、38の地方自治体と連携をして、空き店舗/公民館/図書館/廃校舎/待合室/公営スポーツ施設/道の駅/SA・PA等を利用した官民連携コンビニジムの開発を進めています。


▍世界随一のヘルスケアデータプラットフォーム(国内総人口「約1億人」のライフログ)を構築し、「健康の未来予測・改善が出来る世界」を創る

2022年8月.IT戦略グループ会社「RIZAPテクノロジーズ」を設立しました。「DX予算100億円、エンジニア100名採用」を掲げ、果敢に新規事業及びDX(Digital Transformation)を推進しています。

この先数年で、世界随一のヘルスケアデータプラットフォーム(「約1億人」のライフログ)を構築したいと考えています。決して簡単な道のりではありませんが、ヘルスケア×店舗ビジネスで躍進を遂げたリーディングカンパニーであるRIZAPだからこそ実現できると確信しています。

● ヘルスケアプラットフォームとは?
当社では、85事業・グループ70社の広範な事業を通じて、膨大なヘルスケアプラットフォームを構築しています(予定含む)。

・会員データ:RIZAPグループの会員情報
・医療データ:血液検査/医療診断情報
・店舗データ:運動履歴/AIカメラ・顔認証
・アプリデータ:身長/体重/歩行履歴/運動履歴/食事履歴/動画情報
・センシングデータ:血圧/心拍数/血中酸素/消費カロリー/歩行履歴/睡眠履歴/トレーニングマシーンデータ
・体組成計データ:体重/BMI/体脂肪率/基礎代謝量/肥満度/内臓脂肪/体水分率/筋肉量/骨量/タンパク質量/体内年齢/除脂肪体重
・連携会社データ:保険データ/健康診断データ/メディカルデータ/行動データ

● ヘルスケアデータプラットフォームの構築に向けて
膨大なヘルスケアプラットフォームの構築において、オンライン(WEB・データ・テクノロジー)×オフライン(属人的価値・店舗)双方の融合なしに、実現は不可能だと考えています。

現在、当社グループが得意としてきたオフラインの強みである「店舗・人・ブランド力」と、「WEB・データ・テクノロジー」を融合させることで、既存事業や業務のダイナミックな変革や、新しい事業サービスの創出に邁進しています。

オンライン(WEB)からオフライン(店舗)の事業転換は難しく、国をはじめ様々なWEB企業が苦戦を強いられていますが、その逆、特にヘルスケア領域においては、パラダイムシフトを起こせるチャンスが大きいと感じています。今後、オンライン/オフライン双方から、大規模なビッグデータを収集できる仕組みを構築し、世界随一のRIZAP経済圏を確立したいと考えています。世界のヘルスケア業界の市場規模が急拡大する中(2020年「311兆円」→2030年「525兆円」)、当社が世界を席巻できる可能性も秘めています。

● ヘルスケアデータプラットフォームを活用した未来
今後、プラットフォームを活用した様々な新規事業の創出やアライアンスを強化していく予定です。

例えば、データアナリティクス事業を強化することで、新規事業を創出したり、アップセル・クロスセルを加速させることも可能です。

他業界とのシナジー創出においては、無限の可能性を秘めており、「自社のプラットフォーム」と「他社サービス・データ」を掛け合わせることで、多種多用な業界向けに独自のソリューションが提供可能になります。

一例として、大手保険会社であるSOMPOホールディングスと資本業務提携をしました。両社の顧客基盤の強化及びLTVの向上や、当社が保有するヘルスケアデータとSOMPO社が保有する医療・保険データ等の連携及び新しい事業やサービスの開発、様々な可能性を秘めており、今後1000万人規模のヘルスケアデータプラットフォームを構築する予定です。

最終的には、「健康寿命」「健康状態」「健康年齢」「医療費」等々、健康に関する様々な事象が予測可能になり、「予防医療」すなわち運動や食生活といった生活習慣から、心の健康状態の改善に役立てることが可能になります。


▍RIZAP グループへの広域的なDX(Digital Transformation)を推進

「RIZAPテクノロジーズ」では、基幹システム及び既存事業から新規事業に至るシステム開発、データアナリティクス及び研究開発、デジタルマーケティング改革等、RIZAPグループへの広域的なデジタルシフトを進めています。

● 主幹事業のDX(Digital Transformation)推進
RIZAPの主幹事業であるボディメイク領域を中心にDXを推進しています。「人類の健康に最も貢献する企業」に向けて、「健康」「予防医療」に関する様々なソリューションを提供しています(下記プロジェクト例)。

・『chocoZAPアプリ』は、RIZAPの10年のノウハウ、及び会員約120万人の実績データを基に開発をした、ヘルスケアアプリの決定版です。
様々なコンテンツを用意しており、アプリ一つで運動・健康状態の可視化から管理が可能です。
(例:体組成計・ヘルスケアウォッチ・アプリと連動した健康・歩数・運動・睡眠・食事管理/健康プログラムの閲覧/EC/コミュニティ/動画によるトレーニングちょこっとサポート・コンシェルジュ(RIZAPのトレーナー500名・コンシェルジュ100名のサポート)等)

・『RIZAP LIVE』は、700名規模のカリスマトレーナーによるトレーニング動画配信(LIVE・アーカイブ)サービスです。

・『ポイント統合プラットフォームアプリ』は、これまで分散していたRIZAPグループの会員データ(当社が管掌する複数の業態や店舗における全会員情報)を一つに統合したポイ活アプリです。

● 小売領域のリテールテック(Retail Tech)推進
小売領域の統合新会社「REXT」を中心に、次世代型の店舗やEC開発等を進めています。OMO(Online Merges with Offline)を進めることで、従来の店舗の固定概念・既成概念を変え、新たなUX(顧客体験)を実現したいと考えています(下記プロジェクト例)。

・次世代型の完全無人店舗実現に向けて、「セルフPOS」「AIカメラ」「キャッシュレス決済」「RFD」「顔認証決済」「デジタルサイネージ」等、最先端のテクノロジーの導入をしたシステム開発を進めています。

・全社横断データ基盤統合に向けて、グループ全体の会員情報・EC情報・基幹システムに至る、ビッグデータの収集・変換・解析・ルール作成や、BIツールの導入及びダッシュボード化を行っています。

・グループ全体の顧客向け大規模なコールセンター再構築を行っており、LINE・チャットボット・レコメンドアルゴリズムの導入、AI活用(文字解析・感情解析・音声解析)、自動音声応答システム・ACD(着信呼自動分配装置)等、最先端のテクノロジーを活かしながら、一連の革新的なシステムを構築する予定です。

● BPX(Business Process Transformation)の推進
85事業/グループ70社に及ぶ、基幹システムの統合・刷新・BPX等を推進しています。多業態を展開するグループ全体の「人・システム・プロセス」を集約及びBPXを推進することで、経営の意思決定支援から、業務・組織の最適化による生産性の向上、IT・人件費のコスト削減等に繋げていきたいと考えています。
(領域例:生産管理;調達・商品開発/顧客管理;会員情報/店舗開発;エリア・店舗スタッフ・シフト・設備/店舗運営;POS・会計/EC;会計・販売/顧客行動分析 等)


▍データ×テクノロジードリブンのカルチャー×安心して働ける職場環境を提供

「RIZAPテクノロジーズ」は、IT戦略グループ会社として設立をした、エンジニアのエンジニアによるエンジニアのための会社です。

経営の思想は、データ×テクノロジードリブンであり、エンジニアが安心かつ快適に働けるよう、各種福利厚生からフルリモート・フレックス・地方在住可・副業可等、柔軟かつ豊富な制度を設けています。

キャリア開発支援や評価制度にも力を入れており、結果とプロセスを公正に評価し、中長期的な成長が出来るよう、一人ひとりに合った適切なキャリア支援を行っています。

● カルチャー
・大企業(大変革期)としてのダイナミックな決断と、スタートアップ(新設会社)としてスピード感を体感出来ます。
・多数の新規事業を始めており、新しいことに果敢に挑戦することが出来ます。
・データ×テクノロジードリブンな思想を重要視しており、最新技術の導入を積極的に進めています。
・技術選定から開発体制の構築に至り、ゼロ1ないし近いフェーズから携わることが出来ます。

● 評価制度
・報酬は「ベース給+職務給+賞与」を支給しており、「賞与」は職務・等級に応じた評価と業績を考慮し決定、「ベース給」「職務給」は等級・職務及び人事評価に応じて決定しています。
・人事評価は「成果」「プロセス」双方の観点で、等級に対する期待値を、定量・定性かつ複数項目にウエイトをかけて評価しています。

● 休日・休暇
・年間休日122日/週休2日制(土・日)祝日休み/有給休暇(10日~※入社月により付与数は変動、雇用形態により期間と日数は変動)/年次有給休暇(マストde休暇)/産前産後休暇/育児休業/子の看護休暇/生理休暇/介護休業・介護休暇/慶弔休暇/新型コロナウイルスワクチン接種特別休暇

● 働き方サポート
フルリモート制度/フレックス制度/地方在住可/副業可/在宅勤務手当/育児短時間勤務/介護短時間勤務

● 育児サポート
出産育児応援サイト/RIZAPチャイルドケア制度(月極保育料補助)

● 健康サポート
定期健康診断/ストレスチェック/インフルエンザ予防接種/carelyチャット健康相談

● ライフ&マネープラン相談室/福利厚生倶楽部・外部企業優待(旅行,グルメ,エンターテイメント,育児支援,学習支援等)/RIZAPGROUP社員割引(RAIZAPグループが運営する店舗・サービス等)/社員持株制度

● 慶弔金
慶弔金(結婚祝金,出産祝金)/見舞金(傷病見舞金,災害見舞金)/弔慰金 等

利用技術

利用技術
言語
  • Java
  • Python
  • Azure
  • R
  • SQL
  • Ruby
  • JavaScript
フレームワーク
  • Ruby on Rails
  • Flutter
  • Nuxt.js
  • Vue.js
  • TypeScript
インフラ・ミドルウェア
  • AWS
  • GCP
開発ツール
  • Slack
  • Backlog
  • GitHub
  • Confluence
  • dbt
  • Airflow
  • GoogleDataStudio
  • Tableau
  • Docker
  • G Suites
  • PowerBI
  • QuickSight
  • Data Studio
  • Git
  • UiPath
  • Microsoft Power Automate

基本情報

本社東京都新宿区西新宿八丁目17番1号住友不動産新宿グランドタワー36階
事業内容当社グループの中長期経営戦略の立案・遂行、グループ各社の事業戦略実行支援・事業活動の管理
設立年月2003年4月代表者瀬戸 健