スキル偏差値を測って
エンジニアとしての自分を「見える化」しよう


GitHubアカウントをお持ちでない方はこちら
利用規約 プライバシーポリシー に同意の上サービスをご利用ください。

スキル偏差値とは?

GitHubの公開リポジトリを対象に書いたコードの量や、他のプロジェクトへの貢献度
他者からのコードの支持などを解析し、開発言語別の偏差値を算出しています。

上記のスキル偏差値からフロント(JavaScriptとHTML)とサーバサイド(Ruby)をスキルとして持っており
特にフロントエンドが強いことがわかります。

GitHubアカウントをお持ちでない方はこちら

スキル偏差値を測るメリット

  • スキルの見える化

    なかなか伝わらないエンジニアスキル。それらを見える化することで客観的指標として捉えることができます。
    自分が何のスキルを持っているか把握することで、今後どういったスキルをつけて行きたいかの指標にすることも可能です。

  • 日々の活動を後押し

    GitHubでの日々の活動がスキル偏差値に紐づくことになるので、日々精進されている皆様の活動がスキル偏差値として反映されます。

  • より良い出会い

    スキル偏差値を算出するだけではなく、それを見た企業から「いいね」を受け取ることができます。
    スキルを見た上で「いいね」がくるので、無駄が無く、あなたにマッチ率の高い企業と出会うことが出来ます。