お申し込み100名間近【無料ウェビナー開催間近!】エンジニア採用の最前線 Vol.3 ~heyとあしたのチームが語る!限られたリソースでエンジニア採用を成功させる秘訣~

「テックリードクラスの方を短期間で採用できました!」株式会社ビザスク様-Findy成功事例インタビュー!

インタビュイー(プロフィール)

株式会社ビザスク HRグループ 採用担当/小酒井 睦美 様

2015年ビザスクに入社、広報部門の立ち上げに従事。2017年5月に、中古車買取販売のガリバーを運営する「IDOM」に入社し、コーポーレート・サービス広報を担当。 2019年8月にビザスクへ出戻り、現在は採用業務全般を担当。

御社の事業内容をお伺いしてもよろしいでしょうか?

株式会社ビザスクは「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営しています。

求める知見を持つアドバイザーから直接話が聞ける1時間からのスポットコンサルサービスを主軸に、企業の課題を解決するナレッジプラットフォームとして大手企業の新規事業開発、研究開発時の情報収集や、ベンチャー企業のニーズ調査、経営相談まで様々な場面で利用されております。

既に国内外で10万人以上のアドバイザーが登録していますが、これをさらに20万人、100万人と成長させ、グローバル展開も積極的に進めていきます。

Findyを知ったきっかけを教えてください。

弊社はもともと「Findy Freelance」を利用していていた経緯があり、前任の担当者がFindyのサービスについてお話を伺っていました。私自身がFindyを知ったのは、ビザスクに入社してから。前職では広報をしていたので、採用を担当するのは初めてでした。

Findyを導入する前にあった課題を教えてください。

採用したい人数に対して、母集団形成が追いついていないという課題がありました。特に、シニアエンジニアやテックリードクラスの方を採用したいと考えていたのですが、それまでの採用のやり方では、求めているクラスの方にあまりお会いできていないという状況だったんです。

例えば発信の仕方を工夫するといった方法もあると思いますが、それではどうしても長期的な施策になってしまいます。そこで、まずは短期的な施策として採用媒体を増やしてみようということで、Findyの導入を検討しました。

Findyを導入してどうでしたか?

求めている技術スキルを有する人に、ピンポイントにお会いすることができました。しかも、スピードも早かったんです。入社される方は、Findyを導入して2週間くらいでお会いできた方でした。それ以外の方にも、とてもテンポ良くお会いできたので驚きました。

Findyの「いいね」が送りやすいところも、すごく良かったです。プロフィールを結構しっかりと書かれているエンジニアの方が多いですよね。私自身はあまりGitHubを読めるわけではないので、スキル偏差値を見て「いいね」を送る判断ができるのも助かりました。

あとはエンジニアの方へのリスペクトがすごいあるサービスだと思いました。担当していただいているカスタマーサクセスの方からアドバイスいただく、求人票やスカウトメッセージ文の内容の改善が、すべてエンジニアファーストな考え方で設計されているのが素晴らしいと感じました。

スカウトメッセージの入力欄が狭いのも、おそらくテンプレート的で長いメッセージを送ると受け取る方が嫌がるのであえてそうしているのかな?と感じました。

Findyでの採用結果について教えてください。

Findy経由で、テックリードの方が採用できました!
導入後すぐにコロナによる自粛期間に入った関係でお会いした人数は少ないのですが、4ヶ月で3名の方にお会いして、テックリード1名の採用に至ったという形になります。他社の媒体やエージェント経由だとテックリードクラスの採用はとても難しいので、もともとは1年かけて採用しようと考えていたところでした。本当に採用できて良かったです。

今後の御社の展開は?

これまではフルスタックエンジニアを中心に採用してきましたが、直近1年ではSREやQAなど、特定の領域に強みを持つエンジニアの採用に力を入れチームの層が厚くなっています。

弊社は2020年3月に上場して、事業的にも技術的にもさらなるチャレンジをしていくフェーズになります。10万人以上が登録するナレッジプラットフォームを生かした新規事業開発やグローバル展開にも力を入れていきます。